ATTORNEY

片山 輝伸

片山 輝伸

Terunobu KATAYAMA

弁護士

経歴

1993年
京都大学農学部農業工学科卒業
1995年
京都大学大学院農学研究科農業工学専攻修士課程修了/通商産業省(現 経済産業省)特許庁入庁
1999年
通商産業省特許庁退職/都内法律事務所入所
2011年
司法試験予備試験合格
2014年
司法試験合格/司法研修所入所
2015年
オレンジ法律事務所入所
2018年
メリットパートナーズ法律事務所入所

所属

  • 日本弁護士連合会
  • 第二東京弁護士会

実績・活動

1992-1995年
有限要素法(FEM)と線形計画法(LP)を用いた河川水質環境の管理最適化モデルの構築を研究(修士論文:An Optimization Model of River Water Quality Management)
1995-1999年
特許庁審査官補として、建築、自動車用ドア・窓分野における特許・実用新案の実体審査業務に従事
1999-2014年
事務職員として法律事務所において,法令・通達・判例等のリーガルリサーチ,訴状・準備書面等の起案補助,契約書作成補助、その他の法律事務の補助業務に従事
2015-2018年
知財業務(特許権・実用新案権・意匠権・商標権の取得・侵害等紛争に関する法律相談・交渉・訴訟等)をはじめとする企業法務,一般民事事件,家事事件,刑事事件に従事

著書

    2017年
  • 民事訴訟・非訟研究会編『事例式民事訴訟・非訟添付書類』(新日本法規出版、共著)